Topic19 視察報告03「ソーシャルファームの専門技術教育の基準」

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/2/24 11:42
jksadmin  管理人   投稿数: 43
 レーベンスベルテンの公共食堂での調理技術の現場指導の厳格さについて、社長のストール氏に個別のプログラムなのか統一的なものなのかを質問し、統一基準があるとの事。どんな基準?商工会議所による試験があり、合格する事が基準との事。ハンブルグのカジノ食堂のアイクホック氏もOJTプログラムを指導しているとの事、業務機器製造のdi.hakoディ.ハコーでも50数課程あるとの事で、ドイツの職業教育では客観的基準があるのではないかと考えていた。商工会議所の試験と云うのは、初めて知った事実である。Die Indusrie und Handelskammer(略称IHK)ドイツ商工会議所の基準は全て試験による専門技術認定である。対象となる職業教育による専門業種は278あり、大きく21分野に括られている。
 事務業務・電気・飲食業・食品・運送・催事・家政・不動産販売・工業品販売・ITサービス業務・ビジュアル販売・金融保険・決算事務・機械取扱・2011年改訂機械取扱・メディア設定・新金属・工業デザイン・システム構築・動物飼育・決算販売である。期間6カ月9カ月2年、業務によっては3年から3年半の修行の後試験を受けて資格を取り、専門職として業務に就く。カンティーネでのOJTはこの基準をクリアーする事が目的である。初めて包丁を持ち、覚束ない手つきで玉ねぎを刻んでいた女性は、2年後の関門に向ってスタートしているのである。調理の試験は筆記と実技が科せられる。実技は以下の写真に示されるレベルである。今まで不合格者はいない、とストール氏は話している。不合格が出ないのは何故?厳格なOJTを行っているからである、と自明の答えが返って来た。障害者に専門技術を求めるのは無理と云う、常識は覆る。但し能力が、働くと云う点で50%以上あると云うのが条件である。50%以上とは何を基準としているのかは、未だ掴めてはいないが、我々の状況とドイツの状況は人間と云う点では同じなので、我々の常識を変えるのが必然である。
img530ab098f3470.jpgimg530ab09906d7c.jpgimg530ab0990727b.jpg
  条件検索へ